ブログ

2013年10月のブログ記事

循環こそ命

青苧復活夢見隊 : 2013年10月15日

昨日とは一転、今日は肌寒い一日です。

大型台風も近づいて明日は山形にも近づくようです。

 

今日は和紙に使う青苧の刈り取りをしました。

いつかブログで書いた大山方式で原麻にする予定です。

 

最近姿勢が悪くなってきたなあと思って、特に立ってる時の姿勢に気をつけています。

筋肉が衰えてきたのか、普段の習慣が悪いのか、心がはつらつとしてないのか、そのいずれでもあるのでしょうが、背筋を伸ばして、胸を張って、足の裏からてっぺんまでの流れを意識すると、姿勢だけでなく心もピンとなるような気がします。

ただそれを持続するのは難しい。

継続は力なりとはよく言ったもので、事業にしても習慣にしても続けてこそ成果も生まれてきます。

直線をどこまでも引くことは難しいけれど、円ならさっと書けます。

そしてそれは手を離しても循環が完成しています。

青苧もまもなく冬が来て一時姿を消してしまいますが、また春が来れば新しい姿を見せるでしょう。

循環は変化と強弱によって生まれるのかもしれません。

 

一年が経つと、何も変わったことはなかったようでいて、実に沢山の変化や強弱がありました。

和紙となる青苧も、土から生まれて和紙になり、来春には小中学生の門出を祝う証書となって、子ども等の手に渡ります。

人の暮らしは、毎日が万物との循環。

犬や猫の能力もすごいけれど、人のそれは幾重にも折り重なって様々なつながりを生み出していますね。

和紙用刈り取り.jpg

天高く心肥ゆる秋

青苧復活夢見隊 : 2013年10月14日

雲一つない秋晴れの下、来年の焼畑に使うわら集めを行いました。

脱穀機から次々と出てくるわら束を20束ほどまとめて縛ります。

わらの粉塵がもうもうと舞って、目やのどがイライラする中でひたすらまるっていきました。

機械の傍でごうごうとした音を聞きながら自分の世界に入っていく中で、私はふとおしんを思い起こしました。

 

先日、映画「おしん」を観に行きました。

劇場でも静かに涙を流して心洗われる思いがしたのですが、家に帰ってから30年前のテレビドラマのおしんも観たくなって、毎日のように動画で観ています。

一話、二話のつもりが一時間、二時間、三時間になって、日をまたぐことも少なくありません。

幼少期などは本当に涙、涙の連続です。

おしんを観ながらつい100年ほど前まではそんな時代が本当にあったんだなあということと、一話も見逃せない脚本を書いた橋田壽賀子に改めて驚嘆しています。

そしてやっぱりあれだけの苦難に遭っても負けずに生き抜いたおしんに学ばされることが数多くあります。

学ぶというか、自分自身が感化される感じでしょうか。

心の部分で負けちゃいけない、どんなにつらくても頑張ることの大事さを叩き込まれたような気がします。

今日のわら集めだってそんなにきつい作業ではないものの、ふと疲れてきたなあと思った時、おしんを思い出すといくらでも頑張れるような気がしました。

 

今の時代は口減らしに奉公に出されることもないし、冬に冷たい川で洗濯をすることもない。

恵まれています。

でも、その恵まれていることに気付いて感謝しないと、先人にも申し訳ないし、自分も人生を思いっきり生きられない。

そんな気がしました。

 

山形に来て農業をしていると、物語の舞台となっている場所も馴染みのある所だったり、農家の実情などもよく分かって、一層感情移入してしまうのかもしれません。

青い空の下、そんなことを思い出しながら体を動かしていると、自分は豊かだなあ、いや、豊かさを与えてもらっているのだなあと思います。

 

わら集め.jpg

« 2013年7月 | ブログ | 2013年11月 »