ブログ

2013年12月のブログ記事

年末を過ごす

青苧復活夢見隊 : 2013年12月25日

年の瀬も押し迫って参りました。

年の瀬、年の瀬とよく言いますが、この瀬ってなんのことかなと思って調べてみたら、川の浅い箇所、流れの速い所のことで、船で越えるのが困難な場所を指しているとのことです。

昔は日用品などもつけで買うことが多く、年末にまとめて払うということがごく普通でした。

ところがたまった支払いというのはしんどい。

その支払いの困難さを川の瀬を越えることになぞらえて使うようになったようです。

 

私もつけというわけではありませんが、大した稼ぎもないこの時期に借りてる畑の年貢だの少したまっていたものやらを払っていくと懐がスースーしてきます。

そう思って、年の瀬という言葉を改めて思い浮かべてみると、年の暮れや年末などという言い方よりもよっぽど切羽詰まった感が出てくるじゃありませんか。

年を越えるのは単に時間が一日過ぎていくだけではないのです。

聞けば、訴訟では争いごとを新年にまで持ち越したくなくという心理から、年末に決着するケースも多々あるそうです。

こちらは年をまたぐことが支払いとは違った形で影響を及ぼしているケースですね。

どちらも新年を前にきれいさっぱりしたい気持ちは変わらないようです。

キリスト教国の人は新年よりもクリスマスの方が大事だそうですが、日本人にとっては良いにつけ悪いにつけ年の瀬は逃れることが出来ません。

 

そんな中、我が夢見隊も収穫祭という名の忘年会を行ないました。

この日はご苦労ぶりということもあり、各自の支払いもなく、悠々と酒肴を楽しみました。

お金や義理や血筋でつながっているのでもない、20代から80代のメンバーが労をねぎらい合い、酒を注ぎ合うというのはなかなかないことだと思います。

清助爺などは酒の勢いか、アカペラで朗々と美声を披露してくれました。

その余勢を駆って、最後はみんなで「ふるさと」の合唱です。

カラオケに慣れた世代にとっては、歌詞を見るまでもなくみんなで同じ歌を歌うというのはなかなか新鮮で嬉しいものです。

 

ところで、お隣韓国では忘年会のことを送年会というそうです。

「年を忘れる」という表現がネガティブに感じられるとのこと。

人を送る送別会を忘別会と言ってしまっては、角がありすぎますが、年の場合は忘れるくらいの方がきれいさっぱりして新年を迎えられそうな気がします。

別に私も今年が忘れたいほどの年だったわけではなく、来年のために本当にいいステップとなる年だったなあと思っているところですが、良い年を過ごしたという意味では送年という捉え方も悪くありません。

 

いろいろな年の瀬があると思いますが、年末を迎えられたことに感謝し、新しい一年を迎えたいものですね。

 

 

« 2013年11月 | ブログ | 2014年1月 »