ブログ

あおそなでしこ

青苧復活夢見隊 : 2014年2月 9日

東北生活文化大学家政学科服飾文化専攻さんの展示会「RAMIE×RAMIE」に行ってきました。

この日は東日本太平洋側を中心に記録的な大雪!

翌日のニュースでは仙台の積雪量はなんと78年ぶりとなる35cmを観測したとのことです。

78年前というとうちの親父もまだ生まれていません。

普段、山形で見慣れている雪景色も仙台で見ると、まるで心象が違いますねえ。

山や川に降るのと、コンクリートに降るのとでは感じ方も随分違うものです。

会場のすぐそばまで来ているのに、道路に出してあった企画展の看板も雪で真っ白になっており、たどり着くのも一苦労でした。

 

家政学科服飾文化専攻さんは2013年4月から青苧をメイン素材としてファッションアイテムを企画・設計するプロジェクトをスタートさせており、今回はそのお披露目です。

展示会のコンセプトは「あおそなでしこ」。

青苧の強さ美しさと、サッカーのなでしこジャパンに象徴されるような現代の女性の力強さ、輝きをかけ合わせたイメージです。

青苧は何より繊維が丈夫だし、きらきらとした美しさを感じる素材なので、青苧製品を身につけた女性にも健やかに輝いてもらいたいという願いが込められているようです。

イメージキャラクターの「ラミーちゃん」やポスターのデザイン等にも若い女の子らしい可愛らしさが溢れていました。

会場の「ライトソース」は10人も入れば手狭でしたが、学生さん達の笑顔とハツラツさで展示スペースはとても明るかったです。

 

それにしても「あおそなでしこ」とは良いネーミングをしたものだなあと感服しました。

語呂もいいし、意図もよくわかるし、「やまとなでしこ」もいいけれど、「あおそなでしこ」も負けてないんじゃない?

私には学生のみなさんが「あおそなでしこ」に見えました。

 

学生さん達も夏に畑に来て、刈り取りや苧引きの体験をしていたこともあり、生産段階からの素材を知っていたことは製品を作る上で大きかったのではないかと思います。

その過程を知っているもの同士だと、また話の中からいろいろなアイデアが出たりして、みなさんの若い感性と夢見隊のメンバーの持つ知識、経験がうまいこと融合できれば最高です。

青苧に興味を持ってもらって、こうした形で取り扱ってくれるだけでも広がりを生むという意味で大変ありがたいことです。

 

今年も継続して取り組んでいただけるとのことで、これからさらに良い形にしていきたいですねえ。

 ラミー×ラミー.jpg

« ハエに追われ、ミジンコに負ける日ブログウーピー »