ブログ

2014年9月のブログ記事

「これまでに経験したことのない」バカ

青苧復活夢見隊 : 2014年9月30日

暑い夏が過ぎたと思ったら、あっという間に稲刈りが進行しています。
農作業をしていると、何かが終わったと思ったら息つく間もなく次の作業が待っていて、改めて季節に追われているなあと実感します。
この分だと紅葉もあっという間に来て、まもなく雪を迎えるのでしょう。

ここ何年か、異常気象による被害、災害が急激に増えています。
一昨年からは「これまでに経験したことのないような大雨」などという表現で、その程度や規模を伝えています。
これを単に、温暖化による異常気象のせいなどと捉えてしまうのは、随分と能天気な話です。
これまでに経験したことのないような自然現象が、こうも次々と大規模化してやってくるものでしょうか。
何百年に一度とか千年に一度といった頻度のものが毎年やってくるというのは、確率的に見てもまずありえないことだと思います。

自然に発生したにしては、随分と首をひねりたくなるような事柄が頻発しているのですから、これはまず自然に発生したものではないと考えるのが妥当ではないでしょうか。
天気予報がしょっちゅう外れるのも、これまでのようなデータが通用しないからで、つまり、気象に人為的な力が操作されているからと考えれば納得できるのではないでしょうか。

元々日本には美しい季節の移り変わりがあって、それがニュース番組の中でも他国では例を見ないほど敏感に紹介されますが、不自然な自然現象についても、どのくらいの雨が降ったとか被害はどのくらいかなど事細かに放送されるのですから、現象を操作している側からすると高みの見物もいいところ、笑いが止まらないでしょう。
一般の人は気象がおかしいとは思いつつも、あくまで自然現象としてしか見ていないので、これほど好都合な隠れ蓑もありません。

異常気象は農業に従事する人にとっても死活問題です。
一年の苦労が一日でパアになってしまう。
それも「自然現象だからしょうがない」で片付けてしまっては、泣き寝入りですらない、知らぬ間に騙され続けている大馬鹿者です。

日本は何よりも和を尊ぶ国として、建国の精神にも八紘為宇(八紘一宇)、武力を使わないで平和裡に世界をひとつの屋根のもとに統治せんと宣言されています。
その魂は荒魂、和魂、幸魂、奇魂からなる一霊四魂という構造ですが、それぞれは荒魂:武人、和魂:商工人、幸魂:農耕人、奇魂:漁人を表しているのだそうです。
そうした平和的な民族からすると、せっかくの力を破壊と暴力支配に費やす連中の愚かしさはそれこそ愚の骨頂です。

騙す側が馬鹿なのか、騙される側が馬鹿なのか、どっちも馬鹿なのかと思っていたら、ハナ肇とクレイジーキャッツが歌っていました。
「馬鹿は死んでも直らない」
歌詞を載せておきましょう。

バカにバカたしゃ バカばかり
バカからバカ引きゃ うすらバカ
掛けたり割ったりしてみても 
アホウと間抜けがチョイと顔を出す
とかくこの世はバカばかり
中途半端はおよしなさい
バカは死んでも直らない

自慢じゃないが 俺もバカ
遠慮するなよ 君もバカ
利口ぶっても いばっても
とどのつまりはチョイとボロを出す
とかくこの世はバカばかり
へたな考えおよしなさい
バカは死んでも直らない

バカは気楽というけれど
バカになるのもらくじゃない
バカとバカとでガッチリと
広い世間をチョイと渡ろうよ
とかくこの世はバカばかり
天下御免のバカになれ
バカは死んでも直らない


バカとバカとでガッチリと渡っていくしかないんですね。



« 2014年8月 | ブログ | 2014年10月 »