お知らせ

世の中

青苧復活夢見隊:2011/10/20

青苧の茎を使ってアンギン織りをしています。

 

サイズは大体30×60cm。

テーブル敷きや花瓶敷き、色紙掛けなどとしての使用を考えています。

茎の長さを揃えて、色や太さ・形を見て選び、一本一本織り込んでいく。

地味と言えば地味極まりない作業です。

ぱっと見れば100円ショップででも売っていそうなものですが、自分がそうして時間と労力と思考を重ねて作ったものをじっと見ていると茎の一本一本が可愛らしく見えます。

同時に自分がそうして作っているのと同じようなものが100円で売っている、買えるということのもの凄さ。

我々の周囲を顧みると人の手が加わっていないものは何一つありません。

建物や道路は言うに及ばず、目の前のコップもドアの取っ手も小さな部品の集合体であるこのパソコンも人の手によって作られ、人の手で運ばれ、人たる私が使っている。

考えてみれば、顔も知らない、名前も知らない無数の人の手によって作られたものに囲まれて暮らしています。

 

先日、知人の息子さんが就職を前にして 「単純労働のような仕事には就きたくない」といったそうです。

知人は「世の中のほとんどの仕事は単純作業の連続だ」と教えたそうです。

 

今日、通りすがりにアンギン織りを見に来た農家のおじさんは「こういう落ち着いた仕事をしなきゃいけないと思うけど、なかなかなあ」と言って去って行きました。

 

今私のしている作業がどれほどの価値なのか分かりませんが、世の中を構成している要素の一つであるのは間違いないようです。

 

不完全性理論

青苧復活夢見隊:2011/10/07

地元の麺屋さんと販売元の温泉とで真麻うどんの話し合いを行いました。

原料の青苧を作る僕たちとそれをうどんに練り込む麺屋さんとそれを売る温泉。

初めて話し合いに参加しましたが、それぞれの苦労話を聞くにつけ、何でもそれなりに大変なんだなあと思いました。

自分たちの仕事についてはそういうもんだという気でいるので、大変さがいまいち分かりませんが、よその人のそういった話を聞くと、「ああ、すごいなあ」と思います。

それぞれに適性や強みがあって、向き不向きもあるので、一人で何でもかんでも出来るわけもなく、やっぱり餅は餅屋だなあと思います。

 

うまくしたもんで一人で何でも出来てしまったら他の人との協力は必要ないわけですから、不完全ということは意外と完全に近いのではないかと思いました。

何でも協力、助け合いです。

田舎にいるとそれが良く分かります。

知恵ちゃん

青苧復活夢見隊:2011/09/27

先週またまた昭和村に行ってきました。

群馬のお布団屋さんと青苧を使って新しい布団が出来ないかお話してきました。

製品作りについてはまだまだこれからですが、こうして繋がりを持てたことがとても嬉しいです。

 

しかし、昭和村に行くときはいつも大変な大雨。

何かあるんだろうかと思わずにはいられない。

今回も土砂崩れによる通行止めのため、100kmも遠回りしました!

 

群馬のお布団屋さん、金澤屋さんは伝統に満足することなく、新しい商品開発に非常に熱心です。

人が知恵を絞るから新しいものが出来るのか、あるいは時代がそれを要請するのか、二元対立で考えては良く分かりませんが、いずれにしても役に立たないものが淘汰されるのはいつの時代も同じ。

モノも思想も習慣も人でさえもその時代で役に立たなくなれば滅びるほかありません。

モノも人も生きるということは役に立ってこそということが言えるでしょう。

 

役に立つようにするためにはやっぱり知恵が先かなあ・・・。